【小説】 「ラノベ」はなぜ生まれたのか 興隆期の雑誌を研究

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1 :金メダル ★:2018/02/23(金) 18:26:06.00 ID:CAP_USER9.net
「ラノベ」はなぜ生まれたのか 興隆期の雑誌を研究 (1/4)
2018年02月21日 07時44分 公開
[産経新聞]
 書店の売り場で少なからぬ面積の棚を占める一大書籍ジャンルになった「ライトノベル」。その興隆期に大きな役割を果たしたのが、1月に創刊30周年を迎えた
KADOKAWA(富士見書房ブランド)の老舗ライトノベル雑誌「ドラゴンマガジン(ドラマガ)」だ。同誌についての初の本格的研究書
「ライトノベル史入門 『ドラゴンマガジン』創刊物語−狼煙を上げた先駆者たち」(勉誠出版)の著者で目白大専任講師の山中智省(ともみ)さん(32)に、同誌に着目した理由を聞いた。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/21/news057.html

画像
イラストレーターのあらいずみるい氏が表紙を手がけた「『ドラゴンマガジン』創刊物語」(山中智省著、勉誠出版)
画像
山中智省さんが入手した希少な「ドラゴンマガジン」創刊時の資料。左から創刊ゼロ号(見本誌)、
広告主向けの媒体資料、書店などで配布された読者向けの小冊子。「ビジュアル」表現の重視を企図していたことがわかる(磨井慎吾撮影)

ラノベ研究の盲点

 〈ライトノベルの定義は諸説あるが、アニメ・マンガ風のキャラクターを表紙や挿絵に多用するなどのビジュアル要素の重視が特徴として挙げられることが多い。
大学などのアカデミズムの場でもここ10年ほどの間に、文学研究やサブカルチャー研究などの流れを受けて徐々に注目されるようになった。
山中さんの今回の著作では「ドラマガ」草創期を軸に、資料調査や関係者へのインタビューを通じ、今日のライトノベルというジャンルが確立する過程を描く〉

――「ドラマガ」に着目したきっかけは

 「2010年に修士論文をもとにした『ライトノベルよ、どこへいく−一九八〇年代からゼロ年代まで』(青弓社)という本を出しました。ライトノベルという言葉は現在すっかり一般化していますが、
そこに至るまでにどのような経緯があったのかを、1980年代からゼロ年代に至る新聞や雑誌の記事を主に用いて、言葉の意味の変遷や社会的な広がりを追いかけた本です」

 「刊行後、書評や研究会の場などで感想を頂いた際、一般読者向けの新聞や雑誌だけでなく、コアなライトノベル読者層により近い資料を扱えば、
もっと当事者レベルで貴重な発見を得られるのではないか、というアドバイスを受けました。その後、ライトノベルが現在までどう発展してきたのかという流れを追う上で、
定点観測できる資料として、『ドラマガ』をはじめとするライトノベル雑誌に注目するようになりました」

コスプレ衣装、編集者の母が制作
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/21/news057_2.html
 →次のページへ
copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.

683 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 11:26:10.34 ID:NCCQ2Pd80.net

【UFO】  息子のヘリを横切った  ≪山本太郎・乃布子≫  世界教師 マイトLーヤ  【TV注目】
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1519438853/l50

406 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 21:42:41.61 ID:hI/mOkDq0.net

尾田栄一郎「ONE PIECE」
発行部数 4億冊(ギネス記録)
各巻平均 421万部(ギネス記録)
年収31億円

日本人ノーベル文学賞があるとすれば尾田栄一郎で決まりだよ
時点は鳥山明とか

84 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 19:09:00.01 ID:DjIhKDa+0.net

>>70
中二病的作品の元ネタになってるとおもうが
正統後継者となると意外とむずかしいな

夢枕獏の大帝の剣とか
ガッツの剣に受け継がれてるし
修羅の門とかな

漫画にフィードバックされて
漫画からまたラノベにという感じもある

269 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 20:17:09.44 ID:m6/PgNZK0.net

やっぱり挿し絵や装丁じゃないかな
ジュブナイルも今っぽいイラスト載せればラノベになるんじゃないか?

111 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 19:18:56.32 ID:JXxDIKWd0.net

>>109
片岡義男とか村上春樹は出身は翻訳系
じゃないの?
まだ知性を感じる

793 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 18:56:50.33 ID:mqw/nb1U0.net

筒井康隆もラノベだろ

191 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 19:45:59.34 ID:7JeKyirj0.net

赤川次郎はレジに持って行っても恥ずかしくなかったじゃん。
たとえ表紙が薬師丸ひろ子でも。
筒井康隆もそう。
アニメ絵のはちょっと自分は無理なんだね。
かなり断絶がある。

775 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 18:36:12.32 ID:6DX1Meyi0.net

2月新刊の少年向けラノベレーベルだけでも120タイトルもある

757 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 17:22:04.23 ID:TjXRSKeY0.net

ロードス島のディードではシコらないぞという気持ちの悪い誓いを立てて、
見事守り通した若かりし頃の俺を褒めてやりたい

56 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 18:57:53.11 ID:rzUBX1Q70.net

>>1
ラノベってスレイヤーズとか中村うさぎのゴクドー君漫遊記とかのことだろ?

135 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 19:28:19.65 ID:ADNmd9UQ0.net

ここまで栗本薫なし

933 :名無しさん@恐縮です:2018/02/25(日) 18:47:37.51 ID:HZQcHSCF0.net

>>913
大衆文学のネタ元として古典は欠かせないというだけの話なんだよね。

ラノベは大衆文学と言っていいほど世間一般に広がっているかという話なんだが。

48 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 18:54:34.59 ID:pxNthu070.net

安易に漫画化アニメ化するからラノベ自体が制作過程の
初期作業でしかなくなってるな

65 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 19:00:50.86 ID:5+VzhG2X0.net

南総里見八犬伝は和製ファンタジーの元祖?

185 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 19:43:27.91 ID:JXxDIKWd0.net

いい年した奴がずっこけ三人組とかゾロリ読んでいきってる感じだろw
ラノベといえば少しかしこくなったような気がする

730 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 14:31:58.37 ID:hgqSiBnr0.net

北方健三のブラッディマリーは女性人気が高かった
有栖川有栖とか島田荘司とか、一般向けの小説の中に
たまたまキャラ萌えできる作品が現れて意識的にそれを狙った作品が増えていった感じ

835 :名無しさん@恐縮です:2018/02/25(日) 00:51:23.85 ID:xCNZUJI00.net

なんか最近読モの子とかが使ってる『ボタルシア』って歯磨きジェルって皆さん知ってますか〜?
徐々に歯が白くなるみたいで…
周りの子でも使ってる子多くて流行りにのっちゃおうか迷い中〜〜〜

718 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 13:00:35.06 ID:erycmDge0.net

>>658
村上春樹はラノベだと思うw

クラシック音楽だって、当時のヒットミュージックだったわけだしな

308 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 20:38:10.90 ID:ELqoeR/c0.net

ラノベは内容よりパッケージに特徴があるんでないの?
マンガより少ない挿し絵を内容の薄い文章で引き伸ばした。

910 :名無しさん@恐縮です:2018/02/25(日) 13:59:00.21 ID:DNcjQpGW0.net

>>906
八犬伝がラノベなら水滸伝もラノベなのか?
漢文で書かれたラノベか、斬新やな。

531 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 01:39:02.12 ID:6DX1Meyi0.net

少年向けラノベの新刊は2000年頃は1年間っで300タイトルだったのが
2010年には1年で1000タイトルを超えてる

数年前に調べたら、1か月に100タイトル超えてた 増えすぎだろう

今どのくらいになってるんだろう?

285 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 20:26:55.64 ID:QqlCWciy0.net

>>238
判りやすいな
いやアイドルでしょ?って言ったら熱心なファンが激怒するとこもw

658 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 10:20:20.18 ID:xBpACIVt0.net

日本では純文学の王様扱いのドストエフスキーは
作品発表時は大衆娯楽文学だった訳で…

100年後はラノベが高尚な純文学扱いになり
ノーベル文学賞をもらいます。南無…

334 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 20:46:50.64 ID:KsZYFyED0.net

芸スポか?このニュース

660 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 10:24:01.15 ID:UY6mDUcK0.net

結論間近でラノベを再定義して
再定義後の結論が薄っぺらい
ラノベなんか読んでると馬鹿になるんだな

ライトノベルについて、今ではこう再定義することができるでしょう。
『マンガ・アニメ風のキャラクターイラストをはじめとした
多種多様なビジュアルとのコラボレーションによって、
ビジュアル文化にふれて育った中・高校生を中心とする若年層を
小説(活字)の世界へと誘い、彼らのイマジネーションを喚起して
小説やその物語の楽しさを知ってもらうことを目的に誕生した、
ライト感覚のエンターテインメント小説』と

110 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 19:16:13.99 ID:JXxDIKWd0.net

>>108
古典的名作です

488 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 00:05:16.57 ID:oVE2rHIl0.net

なんであろうと活字を読むことは大切だと思う

745 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 16:08:09.78 ID:3I5kxrWB0.net

>>730
北方謙三のブラディドールシリーズは中学の時読んでたな〜
歴史の教師が主人公の巻で初登場の場面で「歴史年表」を読んでいるというのにワロタ記憶がある
あれもラノベといえばラノベなのかな?w
それいい出すと、大沢在昌の新宿鮫シリーズとかもなんでもラノベ化してしまうけど

34 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 18:48:51.72 ID:JXxDIKWd0.net

おもしろ原作をもとに名前だけ変えて携帯で書くやつw

752 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 17:02:36.73 ID:1WgQLeNZ0.net

星雲賞受賞作品をラノベとは乱暴な!と思ったけど結構ラノベも受賞しているのね。

561 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 02:12:45.61 ID:zb34gtu40.net

十二国記はラノベの枠に入るのかよくわからん

815 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 20:21:08.06 ID:xtDcrUiW0.net

『ボタルシア』めっちゃ凄くないですか?w
なんか周りが良いっていうから使ってみたら、普通に2週間とかで歯が白くなってるんだけど…
なので次回からは3本セットで買っちゃう予定(*^▽^*)

754 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 17:10:15.24 ID:UPY5xwpy0.net

マクロス愛おぼの小説版はラノベかな?
ミンメイのシャワーシーンの挿絵でちんちんおっきした記憶がある。

539 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 01:43:19.10 ID:fonWWnRd0.net

このスレ読んでも分かるように
ライトノベルの定義が曖昧じゃ研究にならないじゃないの?

132 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 19:27:18.28 ID:ADNmd9UQ0.net

ラノベってヤングアダルト文庫あたりからだと思ってた

324 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 20:43:44.37 ID:7JeKyirj0.net

角川はホラーだって後から分離しているんだし、
要するに最初は普通の角川文庫だったものを売りやすいようにジャンルを分けただけで、
ジャンルが分けられた後は「それだけ」に影響されたような無教養な書き手も現れてきたということかな。

384 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 21:21:48.65 ID:vtf0LEny0.net

単にアニメ系の小説を
ジャンル分けしただけだろ
音楽もアニメ系のインディーズは
同人音楽って括られるようになったし

924 :名無しさん@恐縮です:2018/02/25(日) 15:41:50.99 ID:IBxW2GlD0.net

>>904
ラノベ認定してるヤツは知的障碍者なんだから指さして笑ってやってればいいんだよ

128 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 19:26:37.82 ID:fXynfupP0.net

漫画、ゲーム、アニメ的な表現・プロットを
活字の世界に持ち込んだものがライトノベルなんじゃないか
だからこそ、漫画化やアニメ化というメディアミックスも容易となる

354 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 20:55:56.04 ID:KK8zyF6R0.net

まず
内容からジャンル分けしようという人と、出版社の売り方で分けてる人が
話を合わせるのに一苦労って言う

770 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 18:25:00.16 ID:iC89jWG90.net

ラノベレーベルから出版されてなくてもラノベ扱いされてる作品もあるよね
田中芳樹の作品とか
「貴方がラノベと思う作品がラノベです」って認識でいいのかな?

891 :名無しさん@恐縮です:2018/02/25(日) 12:16:41.17 ID:vhSrkv5j0.net

>>20
でもさ安彦良和とか天野喜孝とか美木本晴彦とか超豪華な挿絵陣がラノベの表紙
書きまくってた時代とかあったしなあ

607 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 06:25:07.29 ID:W4sTSCGf0.net

>>11
赤川次郎じゃね

姉が好きで買ってたのを読んだけど当時「こんなのが小説扱いなのか」と思ったわ
安っぽいドラマを小説にしたって感じ

336 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 20:47:48.06 ID:V46x6CDW0.net

ラノベ史の系列ではないが、
創元社文庫で1972年頃に出た
ジェーン・ギャスケルの「アトランの女王」はラノベだと思う。
16歳の美少女の冒険談。
一人称でちょっと皮肉まじりな文章で話が展開。
美少女ヒロインが敵の将軍やイケメン貴族やらにもてまくる厨設定

訳者のあとがきで
「読者は若い女性が多い、翻訳業でこんな反応初めて。なかには綺麗なイラストいりの感想文を送ってきた人もいる」
とあり、ラノベ的な受け入れられかたをしていたよう。

542 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 01:47:41.44 ID:9VVsiBfG0.net

>>539
ライトな層が多い芸スポ板ですら話がまとまらないのに他の場所でまとまる筈ないじゃん

219 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 19:55:04.77 ID:86P4fMLA0.net

>>209
当然読んでるよ
スレイヤーズにストーリーらしいストーリーなんてあったか?
キャラが会話しながらひたすら場面展開していくだけって記憶しかないが?

733 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 14:42:49.61 ID:kAovOY2q0.net

あれだろ
「カラー口絵」があるのがラノベで無いのが非ラノベだろ

685 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 11:29:49.63 ID:0nKO/YwZ0.net

うつのみこ辺りから

767 :名無しさん@恐縮です:2018/02/24(土) 18:13:37.37 ID:JayxmpaL0.net

>>717
そうするとモテモテ王国も谷崎潤一郎のカテゴリーに入るな

117 :名無しさん@恐縮です:2018/02/23(金) 19:22:18.22 ID:1Xe5QdO20.net

女流棋士の林葉直子が書いた「とんでもポリス」がライトノベルの走りだという説がある
当時はマンガみたいと言われたが若者にウケて大ヒット
南野陽子主演で映画化されるという話もあったが、南野陽子本人がこれを読んで
「こんなバカみないなの、やりたくない!」と拒否しておじゃんになった
その後、「はいからさんが通る」という映画で主演することに
こちらも原作は少女マンガではあるが、NHKの朝ドラ並みのきちんとしたストーリーだったので
本人も気に入ったのであろう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
RSS配信してます。

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

CAPTCHA


この記事を読んだ方へのおすすめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近のコメント

コメントはまだありません
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ページTOPへ↑